組織概要

組織名

一般社団法人 59の世界記録

代表理事

神酒 太郎

顧問

武藤 佳恭(慶應義塾大学 環境情報学部 教授)

山田 純 (会津電力株式会社 代表取締役 副社長)

國藤 進 (北陸先端科学技術大学院大学 名誉教授・特任教授)

山浦 晴男(情報工房代表、千葉大学大学院 看護学研究科 特命教授)

設立

平成26年9月1日

所在地

福島県二本松市

事業内容

福島県全59市町村において、「福島の誇り」をテーマにしたギネス世界記録に挑戦

連絡先

info@59-world-records.org

Please reload

代表プロフィール

広島県出身。北海道大学工学部情報工学科卒業。

2000年、総理府(現:内閣府)に入庁。以降、国土交通省等に勤務。

2011年、震災直後に退職し慶應義塾大学大学院に入学。以降、福島県を中心に復興支援活動を続ける。

2013年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程終了。

2016年より、慶應義塾大学SFC研究所上席所員を兼務。

 

ギネス世界記録保持者(Fastest bum walk(100m):11分59秒)。

【メディア出演実績】

フジテレビ「めざましテレビ」

NHK Eテレ「天才テレビくんYOU」

​日本テレビ「月曜から夜ふかし」

福島中央テレビ × NHK福島放送局「福島 to 2021 ~あれからと、これからと~」​

福島中央テレビ「ゴジてれ Chu!」 他多数

ごあいさつ

このプロジェクトは、「希望」です

 

震災以降、福島は多くの困難が続いています

長期避難生活、農作物の作付制限、汚染水の流失、風評被害…

 

たとえ津波にすべてがさらわれたとしても、たとえこの先何十年戻ることができなくても

福島は、ただ一つの生まれ育った故郷

 

どんなに辛い思いをしようとも、自分たちの力で困難に打ち克ち、故郷を誇りに思うことができる

「59の世界記録 - FUKUSHIMA PRIDE -」は、他の何物にも代えられない故郷の誇りを、自分たちの手で取り戻す「希望」なのです

 

福島の全ての市町村で、ギネス世界記録に挑戦する

このプロジェクトを思いついた時、多くの人が「そんなことは不可能だ」と言いました

たしかに、今はまだ、ゴールは遥か彼方です

しかし、いつか必ずたどり着きます

 

インド独立をめざした、ガンジーのように

黒人差別撤廃をめざした、キング牧師のように

 

どんなに困難と言われても、どんなに不可能と言われても

「希望」を持ち、あきらめず前に進み続けることで、ゴールにたどり着く力を人間は持っています

 

福島のみなさんが、自らの足で進み、自らの手でつかむ

 

私は信じています

いつか、必ずその日が来ることを

 

 

「福島に関わる すべての人が 誇りを胸に」