プレイベント in 福島

震災からちょうど1年。

2012年3年11日。

 

福島第一原発の事故によって発生した、福島県産農産物の風評被害。

「風評被害の払拭に、少しでも力になりたい」という想いを胸に、福島で収穫されたお米を使ったイベントを開催しました。

 

すべては、ここから始まりました。

08:00

 

会場は、福島市中心部の街なか広場です。

 

この日は「JASP in FUKUSHIMA」によるイベントが開催され、「プレイベント in 福島」もその中での実施となりました。

 

それよりも、当日は朝からみぞれが降りとても寒い!

 

来場者数が不安ですが、とにかく準備を開始します。

10:30


製造を依頼していた商工給食様から、おむすびが届きました。

 

おむすびに使用したお米は、福島県産のコシヒカリ。

無農薬、有機栽培で販売価格にすると10kg6000円の最高級米です。

 

放射性物質の検査は実施済。

放射性物質が検出されていないお米を使用しています。

 

届いたおむすびの量に圧倒されますが、これでもまだ一部です…

11:00
 

おむすびアートの製作を開始しました。

 

たくさんの来場者のみなさんに、おむすびを並べていただきました。

 

中には、おむすびを並べるのが楽しくて、何十分も手伝ってくれた女の子もいました。

 

13:00

 

ほぼ完成!

 

福島県の形の中に、福島の特産品の福島牛、梨、トマトなどを並べたデザインです。

13:30


3,110個のおむすびをつかったおむすびアートが、2時間半かけてようやく完成。

 

そこで、ちょっとしたセレモニーを行いました。

 

おむすびアートが完成し、またみぞれもやんだことで、関係者のほっとした表情が印象的です。

 

右にいるのが、「JASP in FUKUSHIMA」を主催した、JASP代表の佐藤宗くん(福島大学)です。

おむすびを並べていただいた方や、アート制作の様子が気になっていた方などが戻り、多くの方に集まっていただきました。

 

福島の風評被害を払拭するため自分たちは何ができるのかを、みなさんに伝えました。

14:00
 

おむすびアートの完成後は、しばらくの間多くの来場者に観ていただきました。

 

その後、3,110個のおむすびを無料でプレゼントしました。

 

 

終わってみれば、当初の不安とはうらはらに、なんとか無事終了することができました。

 

多くの来場者のみなさま、また寒い中手伝ってくれたボランティアスタッフには、本当に感謝です。