プレイベント in 東京

2回目のプレイベントは、東京で開催しました。

 

今回は、一つ大きなチャレンジをしました。

「おむすびアート」に使用する約2,000個のおむすびを、業者さんに製造してもらうのではなくすべて手作りします。

 

始める前から大変なことになりそうなのはわかっていましたが、果たして…

08:00
 

朝早くからおむすびを作っているのは、ご協力いただいた「みさと屋」様(調布市)のお店です。

 

地元の電気通信大学の学生ボランティアや、福島大学の学生他、多くのボランティアの方に集まっていただきました。

 

今回用意するおむすびは、約2,000個!

 

ただいま、一生懸命おむすびを作っています。

手袋をして、型のなかにおむすびの材料に詰めています。

 

今回、5色のおむすびを用意しました。

 

赤はケチャップ、緑は青のり、といった感じで味も考えて色づけしています。

運搬用のダンボールに、おむすびがきれいに並べて入れられていますね。

 

この後、会場の調布市役所前に運ばれます。

10:00
 

その調布市役所前では、環境イベント「アースデイ in 調布」がスタート。

 

すでにたくさんの来場者がいらっしゃいます。

 

うーん、天気がいい!

11:00
 

会場には、徐々におむすびが届いています。

 

ここからはボランティアスタッフだけでなく、来場者のみなさんと一緒におむすびアートを制作します。

子どもたちも、おむすびアート制作に仲良く挑戦。

 

場所ごとに並べるおむすびの色が決まっています。

 

ひとつずつ、慎重に慎重に…

13:00

 

ついに完成!


今回は、両手で地球を支えているデザインです。

 

下には「WE LOVE FUKUSHIMA」とメッセージが添えられています。

「おぉ〜、スゴイねー!」

 

完成後、多くの方がおむすびアートを撮影しています。

14:00
 

今回も、完成後におむすびを無料でプレゼントします。

 

おむすびを受け取るためにどのくらいの方が並んでいるかというと…

もう、見えなくなるまでの大行列!

 

事前に「福島県産のお米を使用しています」と告知していたので、受け取っていただけるか不安でした。

 

しかし、写真のように長い行列ができ、全てのおむすびは来場者のみなさんに喜んで受け取っていただけました。

 

(実際には、写っていない部分に、さらに同じくらいの長さの行列がありました)