「世界記録に挑戦!!~シードアートで世界一の武者絵~」 世界記録に挑戦!

福島第一原発から30km。

現在も1/3が居住制限されている街、南相馬。

 

その南相馬の高校生が、「世界最大の大豆アート」に挑戦しました。

 

しかし、生徒たちの挑戦は世界記録だけではありません。

そこに込められたメッセージとは…

今回挑戦する世界記録は、「LARGEST BEAN MOSAIC

(豆で製作したモザイク画)」です。

 

相馬農業高校の生徒たちが、モザイクアートづくりに必要な大豆を運び込んでいます。

 

今回使用した豆は、約2トン。

 

会場となるのは、市内にある小川町体育館です。

 

プロジェクトが始まってからの3か月間、この日のために準備を続けてきました。

初日は、ダンボールを設置し、下絵となる部分に豆を並べて枠をつくります。

 

体育館いっぱいに広げられたダンボールに豆を並べるのは気が遠くなりますが、生徒たちは協力しながら作業を続けています。

枠の中に、豆を流し込んでならします。

 

一見簡単そうに見えますが、豆の重なりや隙間があると完成時の見栄えが悪くなるため、丁寧さが要求される作業です。

ここで、桜井勝延南相馬市長が飛び入り参加。

 

高校生たちと一緒に、豆を並べていきます

ここで2日目が終了です。

 

黒豆も入ったことで、かなり絵ができてきました。

最終日は、3日間で最も多くの来場者に来ていただきました。

 

ここまでくれば、完成まであと少しです。

このプロジェクトの代表を務めた山田裕亮くんと、相馬氏第33代当主嫡男の

相馬行胤氏によって、最後に残った部分に豆を入れて完成です。

力を合わせて完成させたモザイクアートに、鎌倉時代から伝わると言われる伝統の神事「相馬野馬追」の勇壮な甲冑武者が姿を現しました。

 

これまでの世界記録は、2012年にコソボ共和国で製作された60㎡。

今回完成したモザイクアートは、縦 20m、横 15m、面積 300㎡で、現在の記録を大幅に上回る大きさです。

完成セレモニーでは、代表の山田裕亮くんがこのプロジェクトに込めたメッセージを伝えました。

 

「今回の目標は、世界記録の達成だけではありません。

 

その向こう側にある農業の再生です。

 

このプロジェクトで高校生の頑張っている姿を見てもらって、地域に住むみんなで南相馬の復興を加速させていきたいです。」