「世界最多のこいのぼり」 世界記録に認定!

59の世界記録 - FUKUSHIMA PRIDE - 3rd プロジェクト「だてに恋鯉プロジェクト〜みんなで繋ごう鯉のぼり~」(伊達市)で製作した世界最多のこいのぼりが、世界記録に認定されました。

 

ご支援、ご声援をいただいたすべての皆さまに、心より感謝申し上げます。


それでは、福島の子どもたちがメッセージを込めた7,494匹の鯉のぼりが、世界記録に認定された認定式の様子をご紹介します!

太陽も徐々に傾きかけたころ、舞台ではふくしまスマイルキャラバンで駆けつけていただいた、吉本興業フルーツポンチさんのトークが始まりました。

 

この後いよいよ、カウントが終了した鯉のぼりの数が発表されます。

 

香港で認定された、世界記録を更新したのでしょうか…

ギネスワールドレコーズ公式認定員 マクミラン舞さんが舞台に上がりました。

 

会場に掲げられたうち記録として認められた鯉のぼりの数が発表されます。

 

会場は静まり、緊張に包まれます。

 

「今回挑戦された世界記録、一つの会場で同時に吊るされた最も多い鯉のぼりの数。

 

これまでの記録は、2011年に香港で達成された6,478匹。そして今回記録として認められた鯉のぼりの数は…」

「…7,494匹!世界記録認定、おめでとうございます!」

 

発表と同時に、会場は歓声と拍手に包まれます!

 

フルーツポンチ村上さんも、両手を挙げて喜びます!

 

「よっしゃー!!」

「おおおー!」

 

実は、これがだて地域で初めての世界記録。

 

会場のみなさんも盛り上がっています!

そして、世界記録認定の証として、プロジェクトを主催しただて青年会議所理事長 木幡睦人さんに公式認定証が手渡されます。

 

ここで、フルーツポンチ村上さんの一言。

 

「認定証の準備、はえーな!」

理事長も大満足の、この表情。

 

前日に大雨と雷で周辺が停電するなどもあり、開催そのものが不安だったこともあり、喜びもひとしおです。

その会場全体が喜びに包まれた認定式の様子を、動画でどうぞ!

「これが認定証!へー、本物初めて見た!」

 

認定式が終わり、プロジェクトに携わっただて青年会議所のみなさんが認定証を見ようと集まっています。

「この伊達市で世界記録認定とは、すばらしい!」

仁志田昇司 伊達市長(左)も、世界記録達成を喜んでいます。

「やったぜー!」

 

最後に、みなさん勢揃いして記念撮影です。

 

だて地域の子どもたちが込めたメッセージ。

 

その鯉のぼりが世界記録に認定され、だて地域に住んでいる子どもたちにも、また避難している子どもたちにも、大きな勇気を与えることができました